こたせなの学歴は?金持ちなのかや親はどんな人か調べてみました!

帰国子女並みに英語をしゃべるのが堪能な”こたつ”と”せな”。

仲の良い二人による動画はどれも楽しいものばかりで、ちょっと英語の勉強にもなります。

そんなこたせなの学歴は?また金持ちなのか、親はどんな人なのか調べてみました!

こたせなの学歴は?

自分たち自らブラコン、シスコンと自称するほど仲の良い”こたつ”と”せな”の兄妹チャンネルは二人によるやってみた動画を中心に人気を集めています。

そんなこたつとせなの学歴はどうなんでしょうか?

◇こたつの学歴

まずこたつですが親の方針により、国際学校に通いました。

神戸市須磨区にあるマリスト国際学校の高等科を卒業しました。

こたつは映画やドラマが好きで有名になりたい気持ちがあったのでマリストを卒業後、俳優を養成する専門学校に2年間通いました。

TikTokで動画配信をしながら、俳優のオーディションを受けましたが通らず、2018年にはTikTokで活動することにしました。

TikTokのフォロワーは100万人を超えて、YouTubeでは2018年12月にフォーエイト48というチャンネルで動画投稿を始め、2023年12月時点で登録者数は190万人となっています。

俳優の道は上手くいきませんでしたが、SNSでは人気を集めたようです。

こたせなのチャンネルは2023年2月1日に開設し、1年も経たないうちに登録者数は18万人にまでなっています。

有名になりたいという”こたつ”の目標は達成に向けて順調に進んでいるように思えます。

◇せなの学歴

せなも兄と同じマリスト国際学校へ通い、卒業後は大学へ進学しました。

それもなんと上智大学です。

それはショート動画「【成功したら5万円】上智大学生の妹に99%間違えるひっかけクイズを出したらまたもや天才だった….」があることではっきりしますね。

なかなか面白いですね。兄妹で掛け合い漫才なんかも行けそうですよね。

それにしても上智大学は偏差値も高く、せなは勉強がとてもできます。

でもその学歴を使って進路を決めるのではなく、あくまで自分のしたいことをやって行くというスタンスです。

ツイッターに「ダンスアイドルを目指している妹」とありますし、ユーチューブの概要欄には日本のガールズグループを目標にしている、ということなのでその方向で頑張ろうとしているようです。

こたせなは金持ち?

こたせなの収入はユーチューブによる収益だけとした場合、どのくらいなのか概算してみます。

2023年12月時点での月間動画再生数は26,000,000回ほどですが、ショートの割合が多いようなので
動画再生数を3,000,000回、ショート動画再生数を23,000,000回、それぞれの1回当たり収益が0.1円、0.01円とすると月収は3,000,000×0.1+23,000,000×0.01で530,000円となります。

こたつとせなで分ければ26万円ぐらいになります。

でもこたつの方はフォーエイト48のチャンネルもあるので、そちらも計算してみます。

こちらは月間動画再生数は33,000,000回ほどでショートを考慮して、動画再生数を4,000,000回、ショート動画再生数を29,000,000回とします。

すると月収は4,000,000×0.1+29,000,000×0.01で690,000円となります。

ただ、フォーエイトは8人によるチャンネルなのでこれを8で割ると9万円程になります。

ショートの比率や、動画の単価など、推測値での計算なので単に目安程度と考えて下さい。

でもこの目安から考えると金持ちである可能性はまだそれほど高くないのではないかと私は思います。

今後の頑張りしだいで勿論、十分に可能性はあるし、勢いがあるのでそうなりそうにも感じます。

こたせなの親はどんな人?

こたせなの両親は二人とも英語の先生をしているそうです。

そして子供らも英語を話せるようになってもらいたいと思って通常の小学校ではなく、国際学校に通わせたということです。

母親は神戸にある大学(流通科学大学)で英語の教師(准教授)をしています。

名前は濱田 真由美です。セミナーを開いたり、本を書いたりしています。

子供たちを国際学校に行かせたメリットは勿論英語が話せるようになったことです。

逆にデメリットと言えば日本語が少しおかしくなることがある、と言っています。

現にこたつは電車に乗るというのを、電車を取る(take a train)と、言っていた時があったそうです。

でもそれは国際学校で英語漬けになっていたために起きたことで、卒業した後は日本語が中心になるので、修正されていくんでしょうね。

日本人であっても国際学校に子供を通わせることができるというのも、ちょっと知りませんでしたね。

親が望めばそういうこともできるんですね。

そして子供はいわゆるネイティブが話す英語のレベルを獲得できる、ということですね。

通常の小学校、中学校ではいくら頑張っても無理なことです。

海外留学するとか、こたせなのように国際学校に通うなど外国語の中で生活することが、一番近道だし、どうしても必要なんでしょうね。

まとめ

  • こたつの学歴はマリスト国際学校(神戸市須磨区)高等科卒業で俳優専門学校にも2年通った。
  • せなも兄と同じマリスト国際学校高等科を卒業して上智大学に進学しました。(2023年12月時点で在学中)
  • こたせなは人気を集めてはいるけれど、まだ金持ちという所までは行ってなさそうです。
  • こたせなの両親は二人とも英語の先生をしていて、子供たちが英語を話せるようにするため国際学校に通わせた。

こたせなの二人は今はTikTokやユーチューブでの活動をしていますが、こたつは俳優に、せなはガールズグループになることが目標なので、いつしか動画を卒業するときが来るのかもしれません。

その時までは楽しい動画をたくさんアップして行って欲しいものです。

そして”こたつ”や”せな”がテレビで見られるようになるのを、動画を見ることで応援していきたいですね。

コメント