川口春奈のCMは何ビール?2022年の出演ドラマはどんな役?

川口春奈はテレビでビールのCMに出ていますが、そのビールは何か?他の共演者と共に若者にアピールしているCMとなっています。

また近年活躍の場面が増えてきている川口春奈は2022年どんなドラマに出て、どんな役を演じてくれるのかについても解説しています。

川口春奈のCMは何ビール?

2022年3月30日(水)から公開されている、サントリービール 「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」 のテレビCMショートドラマ「上京エール」の中で川口春奈と山田裕貴が遠距離恋愛のカップル役で出演しています。

この「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」は、日本における“エールビール”市場を創造する目的で2016年3月から発売されています。

一般的なビールは「ラガービール」という種類で、スッキリとしたのど越しのビール。一方、「エールビール」は、のど越しを楽しむのではなく、ワインのように香りと味わいを楽しむビールなのです。

CMのドラマで川口春奈は遠距離恋愛のカップル役で出演

 「上京エール」は現代の若者のリアルな感情を描いたショートドラマです。

上京する川口春奈が演じる東山香と、地元に残る山田裕貴が演じる大石薫のカップルが社会人になることを機に遠距離恋愛を開始。

旅立ちから慣れない新生活や遠距離により生じるすれ違いなど、香が上京してから再会するまでの二人の心情を描いています。遠距離恋愛を開始した二人が、お互いを思い合う感情やセリフと、LINEギフトで「ザ・プレミアム・モルツ 〈香る〉エール」を贈ることでエールを贈り合う、(ここはシャレになっている)“現代の若者のリアルさ”に注目です。

川口春奈自身が上京した時の気持ちは?

川口春奈が上京したのは中学3年生で、東京という大都会と、わからないことが多すぎることに不安を抱えていました。周りの人に恵まれてここまでこられたので感謝の気持ちもあるけれど、やっぱり当時を振り返ると正直、不安でした。

長崎県出身で2007年、雑誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得し、同年モデルとしてデビューしました。

2021年12月31日放送の「第72回NHK紅白歌合戦」では司会を務めました。自身のYouTube「はーちゃんねる」の登録者数は150万人を超えるなど、多岐にわたって活躍中です。

同じ商品のCMの新爽やか篇

高原のロッジに久々に集まった小栗旬,川口春奈,山田裕貴の3人が「でもこんな気持ちいい日は」「爽やかなプレモルにしよっか」と従来のプレモルではなく、 新・爽やかなプレモル<香る>エールを飲むCMです。

CMでは、3人がセリフを言う度に、自分がイメージした種類のビール、プレモルやプレモル<香る>エールを思い描いているシーンがあります。

グラスに注いだ〈香る〉エールを、美味しそうに飲む三人。最後に川口春奈がグラスを眺めながら「青空みたいだ」と言います。

ロケ地は山梨県の「ほったらかしキャンプ場 Cafe: 山歩 SANPO」で、2022年2月19日から放送が開始されています。

川口春奈はお酒が飲めるか?

ところで川口春奈はお酒を飲めるのでしょうか?それが飲めるか、なんてものではなくかなりのビール好きのようです。

川口は酒の中でも特に“ビール”好き。過去にインタビューで「お酒の中でビールがいちばん好き。家でも、居酒屋でも、ホテルのようにお洒落なところでも、飲むのはビール。最初から最後まで通してイケますね」「ぐびっと飲んだひと口目に、喉に攻めてくる炭酸の感じと、余韻の香りが堪りません」とビール愛を熱く語っています。

インスタの写真:ビールのジョッキを手に持ちご機嫌な顔の川口春奈

2022年の出演ドラマはどんな役?

2022年度前期連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK総合)に川口春奈が出演しています。

このドラマは、沖縄に生まれ育ったヒロインと兄妹たち沖縄四兄妹の50年の歩みを見つめる、笑って泣ける朗らかな美しい家族とふるさとの物語です。

ヒロインの比嘉暢子(黒島結菜)は四兄妹の次女。沖縄の本土復帰と共に上京し、西洋料理のシェフを目指し修業をしながら青春を送る。

川口春奈は優等生な性格で、料理は苦手。人一倍の努力の末、子どもの頃からの夢だった小学校の教員になるという長女・比嘉良子を演じます。

出演の決まった川口春奈のコメント: 四兄妹の長女、良子を演じさせていただくこととなりました。きっとしっかり者で責任感の強いお姉ちゃんなのかなと思います。沖縄という素晴らしい場所で、家族や兄弟の愛や絆をあったかく深く描いて皆様にお届けすることが出来たらと、今からとてもドキドキしています。もがきながらも一生懸命、全うしたいと思います。
(「NHKによる出演者発表会見でのインタビュー 2021.06.01」より引用)

なお”ちむどんどん”とは沖縄の言葉で”ドキドキする”というような意味。チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子のこと。沖縄では若者たちまで知っている有名なことばで、前むきで肯定感に満ちた、わくわく感、という意味合いがあります。朝ドラ「ちむどんどん」は、ヒロインがさまざまな「ちむどんどん」を経ることで成長していくイメージをこのタイトルに託したということです。

出典: https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=32144

『ちむどんどん』での演技次第では将来ヒロイン役も!

川口春奈はすでに十分なキャリアを積んできているし、大河ドラマ『麒麟がくる』『いだてん』にも出演しており、NHKとの縁も深い。もはや、朝ドラの姉妹役ではなく、ヒロインに抜擢されていてもおかしくない。

今回の『ちむどんどん』で視聴者の支持を確かなものにできたならば、ヒロインの座は近くなってくるはずです。

まとめ

  • 川口春奈がCMに出ているビールはサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」
  • 川口春奈自身お酒の中でも特に”ビール”好きである。
  • 2022年、川口春奈の出演ドラマはNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で人一倍の努力の末に夢だった小学校の教員になるという長女の役。

川口春奈はドラマの出演も経験を積んできているので、朝の連ドラでヒロインを演じる日も遠くなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました